口を閉じて寝る方法を考えてみました

口を閉じて寝る方法を考えてみました

口を閉じて寝る方法を考えてみました

 

口をぽかーんと開けて寝ている人をよく見かけます。こういう人たちは特別な人

 

たちでも病気でもありません。たぶん、わたしも仰向けの姿勢で眠っているとき

 

はそんな風に眠っているだろうと思っています。

 

でも、口をぽかーんと開けて眠っていると朝起きたときに喉が痛くなります。喉

 

が痛くなるだけでなくだいたいそういう日の朝は口臭が強いです。乾燥するから

 

細菌が繁殖してにおいが強くなるのでしょう・・・。寝ている間は唾液の出が少

 

ない上に喉が乾燥するのだから細菌が繁殖するのも無理はありません。

 

理想は口をしっかり閉じて寝る方法が良いに決まっています。どんなときも、風

 

邪をひいて鼻がつまって呼吸がしにくいときも、口をぴたっと閉じて寝る方法が

 

わたしの理想としている寝方です。

 

いろんな体調の日があるのでこういうことは理想と言っても仕方がないことが多

 

いですが、わたしはできる限り口を閉じて寝る方法を考えています。

 

そしてわかったのは横向きの姿勢でいると良いということでした。人によって右

 

向きが良いとか左向きが良いとかがあるので、それは自分の向きたい方向で問題

 

ありません。バランスを考えて右左同じように向くことも良いでしょう。横向き

 

の姿勢は寝やすいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぐっすり寝る方法をして口を閉じて眠るようにすることです

 

深く寝る方法として考えたいことは口を閉じているかどうかということかもしれ

 

ません。これは特にいびきをかくことがあるかどうかによっても変わってくるこ

 

とでしょう。口が閉じていないと朝起きると喉がからからに渇いてしまっている

 

ことになり、とても気分のよいものではないでしょう。ではどのような方法でそ

 

の寝るための改善を図ることができるのでしょうか。

 

まずはその原因を見極めることができるかもしれません。それはいわば口呼吸を

 

している状態にあるわけなのですが、それは鼻がつまっていることによる場合が

 

あります。確かに鼻が詰まっているとどうしても口が開いてしまうに違いありま

 

せん。それでその手の問題がある場合には、鼻の問題を解決することがどうして

 

も必要になり、慢性鼻炎のような症状があるのであれば、それを解消するために

 

病院で診察してもらうことができるかもしれません。口を閉じて寝ていないと口

 

臭の原因になったりすることもあるために、寝る方法としてのこの問題は絶対に

 

解決していきたいものです。またその他にも唇の筋力の低下ということもあるの

 

かもしれません。いずれにしても問題の対処のためにできることを行って解決し

 

ていきたいものです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ